苦痛の少ない安全な胃カメラ検査で早期発見・早期治療を!

内視鏡室

胃癌はわが国において死因の上位を占める病気であります。
胃カメラ検査は食道、胃、十二指腸を直接カメラで観察するため、胃癌・食道癌の早期発見や胃潰瘍・十二指腸潰瘍の診断が可能な検査であります。

胃の症状でお悩みの方はもちろん、症状のない方も年1回の定期的な胃カメラ検査をおすすめします。

当クリニックでは、経験豊富な院長自らが検査・治療を行っており、より安全に苦痛なく正確な検査が行われるように心掛けております。

苦痛なく検査を受けて頂くために

当クリニックでは、 下記の2種類の検査方法で胃カメラを行っており、患者さんのご希望に合わせた検査方法、麻酔方法で、苦痛のない安全な検査を心掛けております。

また使用する内視鏡は体への負担が少ない最新極細タイプを使用しており、検査時間は約5分~10分です。

安全に検査を受けて頂くために

当クリニックでは検査を受けて頂く全ての患者様に生体監視モニターを装着して頂いております。患者様の呼吸・心拍状態を常に把握し、より安全な検査を心掛けております。

また内視鏡機器の洗浄・消毒は最新式の内視鏡洗浄器を導入しており、徹底した感染防止対策をおこなっております。

  

鼻から胃カメラを挿入する経鼻内視鏡検査について

胃カメラ検査を受けられる方の95%が経鼻内視鏡検査を選ばれます。
その理由は、

  • 胃カメラが舌に触れないため、嘔気がほとんどありません。
  • 胃カメラが非常に細いので喉の違和感がほとんどありません。
  • 検査中に医師と会話ができます。
  • 麻酔は鼻の局所麻酔だけであるため、検査後すぐに帰宅できます。

イメージ

検査を受けて頂くための注意事項

検査1週間前 ・抗凝固薬(血液をサラサラにする薬)を飲まれている方は、検査の1週間前から服用を止めて頂く必要がありますので、主治医とご相談ください。
検査前日 ・夕食は消化のよいものを午後8時までにすませてください。
・夕食後から就寝までは、水分は摂って頂いても結構です。
検査当日 ・朝食は絶対に摂らないでください。
・歯みがき時のうがいは結構です。
・糖尿病で治療中の方は、糖尿病のお薬は飲まないでください。またインスリン注射もしないでください。

検査の流れ

イメージ

このように鼻の麻酔を丁寧に行うことで、鼻の痛みや喉の違和感がほとんどなくなり、より楽に胃カメラを受けて頂くことができます。

口から胃カメラを挿入する経口内視鏡検査について

経口内視鏡検査は「つらい」「苦しい」などのイメージがありますが、毎回この検査を希望する方もおられます。当クリニックでは眠っているあいだに検査が終わる静脈麻酔を用いる方法も行っております。患者様の体型に合わせて最小限の麻酔量を設定し、心肺監視モニターを用いて徹底した安全管理を心掛けております。

検査を受けていただくにあたっての注意事項

検査1週間前 ・抗凝固薬(血液をサラサラにする薬)を飲まれている方は、検査の1週間前から服用を止めて頂く必要がありますので、主治医とご相談ください。
検査前日 ・夕食は消化のよいものを午後8時までにすませてください。
・夕食後から就寝までは、水分は摂って頂いても結構です。
検査当日 ・朝食は絶対に摂らないでください。
・歯みがき時のうがいは結構です。
・糖尿病で治療中の方は、糖尿病のお薬は飲まないでください。またインスリン注射もしないでください。
検査後 ・静脈麻酔を希望された方は、眠気やフラフラ感が続く場合がございますので、車・バイク・自転車の運転は避けてください。

胃カメラ検査の料金

検査当日に病理組織の検査やお薬の処方が必要になる場合があり検査費用に差が生じますが、だいたい下記の範囲でお考えください。

保険で3割負担の方の場合 約6,000円~16,000円
保険で1割負担の方の場合 約2,000円~ 6,000円